贅沢な時間の使い方とは 〜一つのことに惜しみなく時間をかけて過ごす 〜

広告

「贅沢な時間の使い方」とは、どういう使い方でしょうか。

高級レストランで贅沢な料理に舌鼓をうったり、南の島のリゾートで過ごすことでしょうか。あるいは、好きなことや楽しいことをたくさんすることでしょうか。

先日、「あー、こういうのを贅沢な時間の使い方というんだな」と感じた過ごし方をご紹介します。

まず贅沢を辞書でひくと、次のように書かれています。

必要な程度をこえて、物事に金銭や物などを使うこと。金銭や物などを惜しまないこと。また、そのさま。
(引用:デジタル大辞泉)

たくさんお金を使うのは「贅沢」であり、「贅沢な時間」と、「贅沢な時間の使い方」とちょっとちがいますね。贅沢な時間の使い方とは、「物事に時間を惜しまず使うこと」ということになりますね。

さて、先日、駒場東大前にあるBUNDAN CAFFEE & BEER に行き、朝から晩までひたすら本を読んで過ごしました。

BUNDAN COFFEE & BEER 〜ビールと本が出会う場所 [No.5] | kdsk.jp

1日の時間の大部分を本を読むのに使いました。1日の中に、あれやこれやとやりたい事ややるべきことを詰め込んだり、速読などで同じ時間の中で沢山の本を読むことが、「充実した時間」であり、「贅沢な時間の使い方」であると思っていました。でも、ただゆったりと、本を読むことに多くの時間を費やしながら、「あー、これが贅沢な時間の使い方なんだな」と感じました。

関連記事

「何もしたくない」ときは、「何もしない」をやってみよう | kdsk.jp

箱根の天山湯治郷で、ゆったり | kdsk.jp