木内酒造の手作りビール工房で、初のオリジナルビール作り(前半)

広告

このたび、初めてのビール作りを体験してきました。作り方は机上では知っていましたが、やはり実際に体験するのは違いますね。モルトの香りが立ち込める工房の中で、世界にひとつだけのオリジナルビールを作ってきました。

今回訪れたのは、フクロウのマークでお馴染みの常陸野ネストビールを作っている、木内酒造の手作りビール工房です。

手造りビール工房|常陸野ネストビール

品川からJR常磐線の特急ひたちに乗り、茨城県の水戸まで約1時間15分。東京駅や上野駅からも乗車できます。

水戸から水郡線に乗り換え、20分ほど行ったところにある、常陸鴻巣駅で下車し、徒歩で木内酒造に向かいます。

工場のような外観なのかと思いきや、とても趣きのある日本家屋です。お馴染みのフクロウのマークがお出迎えです。

手作りビール工房の中に入ると、ズラッと釜が並んでいます。工房の中は麦の香りが立ち込めています。

はじめはビールのレシピ作りから始めます。ベースとなるビアスタイルのビールを試飲しながら、どういうビールを作るかを決めていきます。

まずはベースとなるビアスタイルとアルコール度数を5〜8%の間で決めます。ホワイトエール、ペールエール、アンバーエール、スタウトの中から選びます。(なお、あくまでベースとなるスタイルなので、アルコール度数8%はペールエールなのか?という話はここでは脇に置いておきます)

ちなみに、「アルコール度4%のセッションIPAは作れますか?」と聞いたら、作れるとのことだったので、結構融通は利きそうです。そして次に色をSRMという単位できめます。

今回は、ホワイトエールとアンバーエールの2種類を作ることにしました。

続いては、使うホップの種類と、IBUを決めます。IBUって何?という方は、以下の記事を読んでみて下さい。簡単に言うと、ビールに含まれる苦味成分の量です。
ビールの”IBU”ってなに?〜ビールの苦味成分量を示す単位〜[ビールのあれこれ No.3] | kdsk.jp

ホップはこの中から香りを比べて選びます。これは、ホップを圧縮してペレットにしたものです。

ホワイトエールには、チヌークとアマリロというホップを選び、アンバーエールにはチヌークとカスケードというホップを選びました。

さて、ここからいよいよ作業に入ります。先ほどの要望をもとに、担当の方がビールのレシピを作ってきてくれます。それに従って、まずは麦芽を計量します。

次に機械で麦芽を粉砕します。

粉砕した麦芽を、お湯を張った鍋に入れます。

大きなヘラを使ってかき混ぜていきます。

釜の上下のムラを無くすために、釜の下から麦汁を取り出して、

上から釜に戻します

よく混ざったら、ここから温度を上げ、酵素が活動しやすい67℃まで上げていきます。麦芽に含まれるアミラーゼという酵素によって、麦芽に含まれるデンプンを糖に分解する、糖化という工程です。

糖化が終わるまで、しばしの待ち時間。この間は、ビールを飲んで過ごします。

糖化が終わったら、麦汁を取り出します。ここからはまた後半の記事に続きます。

関連記事

常陸野ネストビール「だいだいエール」。福来ミカンの香り [麦酒日誌 No.15] | kdsk.jp

秋葉原 常陸野ブルーイングラボで、常陸野ネストビールを堪能 | kdsk.jp