さらばミュンヘン / デュッセルドルフでアルトづくしの4日目 [ドイツ旅行記]

広告

ドイツ旅行記、4日目。

これまでの記事はこちらです。
入国そうそうにビールから始まったドイツ旅行1日目 [ドイツ旅行記] | kdsk.jp

芸術に圧倒 / 昼からビールの2日目 [ドイツ旅行記] | kdsk.jp

散策を中心にゆったりと過ごした3日目 [ドイツ旅行記] | kdsk.jp

4日目はいよいよミュンヘンの街に別れを告げ、デュッセルドルフに向かいます。

さらばミュンヘン

大きな掲示板でターミナルを確認。ルフトハンザ航空はターミナル2です。

この機械でチェックイン。簡単です。

さらばミュンヘンの街。

そして、一時間後にはドイツの西部にあるデュッセルドルフに到着です。

デュッセルドルフでアルトビールづくし

デュッセルドルフ空港にはデュッセルドルフ空港ターミナル駅と、デュッセルドルフ空港駅の2つがある、と聞いていたのですが、標識はこれしか見つけられなかったので、この標識に従っていきます。

モノレールのようなものに乗ります

鉄道駅につきました。どうやらここはデュッセルドルフ空港駅のようです。ここから鉄道にのります。

着きました、デュッセルドルフ中央駅。

お宿は中央駅から徒歩で数分のところにあるニッコー・デュッセルドルフです。JAL、ですね。

さて、荷物を部屋に置いて身軽になったところで、デュッセルドルフの街に繰り出します。ニッコー・デュッセルドルフから徒歩1〜2分のところには、地下鉄のOststr駅があり、ここからデュッセルドルフ観光の中心である、Heinrich-Heine-Alleeまで二駅です。

まずはZum Uerige(ツム・ユーリゲ)

外はズラッとカウンターですが、雨も降っていたので店内へ。特に案内はされないので、自分で空いている席に座ります。こんな樽をテーブルにした席に座りました。

来ました、デュッセルドルフ名産のビール、アルトです。自家醸造のアルトが250mlの細長いグラスに入って来ます。

見た目は透明で褐色。麦芽の甘い香りと、吟醸香のような香りがします。飲むとホップの苦味がキリッときいています。日本の大手ビールより苦味はやや強く感じました。そして、思わず杯が進む飲みやすさです。

泡もちもいいです。

店内にはお盆にアルトを乗せた店員さんが歩き回っていて、グラスが空くと新しいグラスを置いていきます。そして、コースター線を引いていきます。これで、何杯飲んだか分かります。一杯で€2.05という安さです。

二軒目はユーリゲから徒歩1〜2分、Boller.Str(ボルカー通り)にある、Zum Schlussel (ツム・シュリッセル)。

鍵がお店のシンボルマークです。

こちらのハイテーブルに座ります。

こちらでも、ビア、と注文すればもちろんアルトが出てきます。こちらも自家醸造。

おつまみに、ライ麦パンの上にスモークした挽肉と玉ねぎを乗せたものを頂きます。

3軒目は地下鉄でニッコー・デュッセルドルフのあるOststr駅に戻り、Brauerei Schumacherへ。

自家醸造アルト。

最後はニッコー・デュッセルドルフのロビーにあるバーで。

一番搾りもありましたが、ここでももちろんアルト。

まとめ

ビールそのものの味に加えて、それを取りまくものも含めて味わいなのだと思います。ビール自体の美味しさに加えて、注がれる小さいなグラスや、わんこそばのように次々でてくるスタイル、コースターの使い方ふくめて、アルトの味わいを味わうことができました。

関連記事

念願のドイツ旅行に行くことにしました [日記] | kdsk.jp

入国そうそうにビールから始まったドイツ旅行1日目 [ドイツ旅行記] | kdsk.jp

芸術に圧倒 / 昼からビールの2日目 [ドイツ旅行記] | kdsk.jp

散策を中心にゆったりと過ごした3日目 [ドイツ旅行記] | kdsk.jp

関連図書